So-net無料ブログ作成
栂池自然園 ブログトップ
前の5件 | -

いつかまた訪れたい道 [栂池自然園]

浮島湿原からはまだ先があるのですが、今回はここで時間切れ。
そろそろ引き返さないとロープウェイの最終に間に合いません。
なごり惜しいですが、この風景を撮って引き返します。

もやの中から始まった初めての湿原散策。
TVでよく見る世界に自分が来られてとても嬉しかったです。

いろんな色の花を見たけど、一番印象的なのは白い色の花です。
街ではカラフルなものをよく見るせいなのかもしれません。

人の手による花畑もいいけど、自然の花畑は何か違う美しさがあります。

栂池で購入した花のガイドブックには、まだ見ていない花もある。
次に来る時はどんな花に出会えて、どんな山が見られるのか。

私とオットは、またここを訪れたいと思わずにいられませんでした。

いつかまたこの道を歩きに来たい。


nice!(16)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

湿原のハブラシ [栂池自然園]

栂池自然園のことをお伝えする時に
「早く見せたい奇跡の1枚がある」と言った事、記憶に残っているでしょうか。
興奮してたとは言え、大胆なことを言ったとちょっと冷や汗。
やっとその写真の出番が来ました。

クルマユリにとまる蝶。

「後ろがぼやっとして、花にとまる蝶」
って場面を、ずーっと前から写したくて、それが写せたこと。
花も蝶も色がはっきり対照的であったこと。
それがすごーく気に入った1枚なんです。
欲を言うなら、もう少し側に寄りたかったのですが・・・。

さあ、まだ見ていないお花がありました。

まるでハブラシみたいな花ですね。
イブキトラノオ(伊吹虎の尾)という花のようです。
花がところせましと密集していて窮屈そうな花でした(笑)

拡大写真↓

こちらの花もどうしてこんな形なの?って花ですよ。

ミヤマカラマツ(深山唐松)という花。
なんと花びらがない花だそうで・・・。
花辞典によると、この花びらに見えるのは雄しべ(花糸)だとありました。

そういえば・・・花ってそういうこと、よくありますよね。
花びらに見えるけど葉っぱだったり、葉っぱに見えるけど花だったり
でも、花びらが雄しべだって言うの花は初めて知りました。
辞典を買ってなかったら間違いなく「かわいい花びらだ」と書いてますね。

花ばかりに注目していたら、ちょっとこういうのも気になりました。

つぼみばかりの中に咲きそうな花があるもの。
花が開いてないから名前は調べませんでした。

花辞典に、つぼみも載ってたら面白いかもしれませんね~。

こちらは木の葉っぱ。思わず写したくなったんです。

真ん中だけ色を画像加工したように見えませんか!?
いえいえ、これは見たまま!なのです・・・。
この部分だけが色が違ってて他は緑色なんですよ。

ん~・・・不思議だ・・・。


nice!(10)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

島が浮いてるって!? [栂池自然園]

はぁ~♪ええ天気やなぁ~。

青い空に白い雲。緑の草に色とりどりの花。
ここに来て良かった、と思える瞬間は何度もやってきました。

ここは浮島湿原。標高1910メートル。
ワタスゲ湿原よりも水たまりの大きさが半端じゃなかったです。
そして、ほら!あそこに浮いてる島がありますよ!

水たまりの周りにはワタスゲがゆらゆら、ゆらゆら。
もしかして本当に水に浮いてるのかな?
近づくことはできないので、確かめられないけど、
あの島が風によって、あっちへこっちへ移動してたら面白いなぁ・・っと
勝手に想像してしまいました。

花びらが変わった花がありました。
なんだかフリルのついた襟みたいです。

イワイチョウ(岩銀杏)というそうです。
かわいらしい花のわりに茎がしっかりしてて、つぼみは丸いの。

花を眺めていたらオットが私を手招きします。
何か見つけたようで嬉しそう。急いで行ってみました。
「この花、まだ見てへんやろ?」と花を指差します。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)って花でした。
花の中には斑点のような模様がありました。

まさに初見。でかした~(笑)


nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

ここからは登山道・・・!? [栂池自然園]

ワタスゲ湿原を抜けると、川がありました。
楠川と言うそうです。

川底の石が、川の水が透明すぎてまるみえ!
ここに住む魚たちは幸せものですね~。
この水で成長する植物も!

右手の上流は葉の隙間から写してみました。

この辺りの看板には
「ここから先は登山道」「歩きやすい靴を履いていますか?」
って書いてありました。

普段、運動しないので「登山道」って言葉にすっかり怖気づく私。

登山靴じゃないとダメなのかな?って数分間、どうしよう・・・と悩みました。
けど、普段履き慣れた歩きやすい靴だから続けて歩くことに。

確かに小さな岩がゴロゴロしてて坂道で"登山道"って感じでしたが
一歩一歩気をつけて歩いたら大丈夫でした!

途中で梅のような花を発見。チングルマ(稚児車)というそうです。

実は先に出た、イソギンチャクのような赤い糸みたいなのは
この花の次の姿。全く想像しなかった事実に驚きました。

がんばって歩いたので、かなり見晴らしのいい場所に到着!

真ん中に赤い屋根の建物があります。
わかるでしょうか。
そこから歩いてきたんですよ。
最初は平たんな木道だったのに、いつの間に・・・って思いました。
あ、でも、疲れはけっこうあったから、やっぱり歩いてきたんですよね(笑)

見晴らしが良かったので木の先端とかもよく見えました。
これは シラビソ って言う木のてっぺん!

紫がかった黒?って感じのまつぼっくりみたいなものは
雌花が直立してるんだそうで、これはまだ初期段階。
まだ3倍くらい伸びるとか!

どんなことになってるのか、確かめに来たい!


nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

からまる白、ゆれる赤 [栂池自然園]


ワタスゲ湿原に到着しました。
さっきの湿原よりも花が多くなってます!

足元に薄い黄色のユリが咲いています。

ニッコウキスゲでした。
どこにでも咲いてそうなのですが、これも湿原の花なんですって!

で、横に白いふわふわしたもの、これはワタスゲ。
ちょっとアップで見てみましょう。

縮小してわかりにくいのですが、繊維が絡まってるって感じ。
この状態は「果穂」というのだそうです。

この辺りは水たまりが多いようです。
あちこちに見られました。
この板切れを踏み外すとずぶっと足が沈んじゃうのかな・・・。

と、足元を気にして歩いていたら、こんなものが!

これ、なんだ!?
花?
それともワタスゲの次の姿?
風に揺られてるその姿はイソギンチャクのようです。

その正体は後ほど。
さらに先へ進みましょう・・・。


nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)
前の5件 | - 栂池自然園 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。